乳首の黒ずみの原因とは?対策について考えよう

乳首の黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着です。

治すためには、原因を知る必要がでてきます。

まず、考えられるのが摩擦による刺激です。

下着のサイズが合っていない場合、擦れてしまいます。

サイズを測って自分に合ったものを、選ぶようにしましょう。

また、体を洗う場合も、刺激を与えないように優しく洗いましょう。

紫外線も、黒ずみの原因の一つになります。

服に隠れていても、紫外線を100%防ぐことはできません。

日差しが強くて薄着をする夏は、UVカット機能の付いた服を着るとよいでしょう。

また、乳首の黒ずみは老化現象の一種でもあります。

年齢を重ねるにつれ、ターンオーバーの周期が、遅くなっていきます。

肌の新陳代謝を促してくれる食品を摂るようにしてください。

保湿をするのも、ターンオーバーを促すのに、有効です。

また、ホルモンバランスの乱れにも、注意が必要です。

妊娠や出産に伴うホルモンバランスの乱れは、黒ずみの原因になります。

子育てが終わるにつれて、自然に戻ることが大半ですが、それでも戻らない方はいます。

どうしても戻らない場合は、特別なケアを行って下さい。

生活習慣やストレスも、ホルモンバランスが乱れる原因になります。

十分に睡眠をとるようにして、規則正しい生活を心がけましょう。

また、体質も大きく関係してきます。

生まれつき、色素沈着しやすい人は、注意が必要です。

黒ずみの原因に気を付けて、日ごろからケアを怠らないようにしましょう。

乳首の黒ずみの原因は授乳にある?出産経験の有無で原因が変わる理由

一般的に乳首の黒ずみで悩む女性は多いとされていますが、その原因は根本的には同じでも出産経験があるかないかで黒ずむ理由が変わってきます。

これは乳首の黒ずみが授乳によって起こる事もあると言う点が理由になっていて、出産を経験していない方の場合は黒ずんでしまう過程が異なっています。

まず授乳によって乳首が黒ずんでしまうのは赤ちゃんが乳首を吸う事が理由になります。

基本的に赤ちゃんは力が弱いのですが吸引力に関して言えば市販されているシェイクドリンクを飲めるほどになっています。

したがって乳首に加わるダメージも大きなものになり、そのダメージがメラニン色素を生成させその結果として乳首の黒ずみが現れるようになります。

一方授乳以外の原因としては、下着との圧迫や摩擦と紫外線の影響が挙げられます。

これはどちらもメラニン色素がポイントになりますが、下着との摩擦の場合はサイズの小さなブラジャーをつけてしまい乳首が常に圧迫されている事や逆にカップに余裕がありすぎる事で乳首が擦れてしまうケースが見られます。

また紫外線と言う物は直接肌に当たらなくてもメラニン色素を生成させることがあり、この時には目に紫外線が入っている事が原因になります。

なので洋服で隠れていても肌が黒くなる事がありますし、それは乳首にも起こるようになっています。

この様に根本的な理由としてはメラニン色素が生成された事になりますが、その過程には大きな違いがありますので講じるべき対策などもそれぞれ変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です